塾講師 家庭教師 バイト 体験談

塾講師・家庭教師のバイト体験談|子供の将来を左右するのが家庭教師という仕事

私は家庭教師の仕事をしていました。
企業を仲介せずに個別に契約していたので、時給が3000円と、
大学一年生としては破格の金額だったと思います。

 

ただ、私の親と生徒の親が知り合いだったので、
「適当はダメだ」という意識を強く持って取り組みました。
よりよくしようと自分なりに色々工夫したのを覚えています。

 

本人に会う前からテキストを選定して予習し、授業の進め方を計画しました。
本人に会ってからは、本人の特徴を把握するように努め、
得意・苦手分野も考慮しながら授業を進めました。

 

生徒の親御さんと何度も面談を繰り返し、
どのようにすれば結果につながるか、考える毎日。

 

私が教えていた子の場合、復習が最も効果的ではないか、
ということになり、本人が嫌になるくらいに復習を徹底しました。

 

何人かの家庭教師をやって分かったのですが、
子供は時に、分かっていなくても分かったふりをすることがあります。

 

ですから、その辺りも注意しながら指導しました。
本人も頑張り、テストの結果が良くなるとともに最終的に志願校にも合格でき、
私としても嬉しい限りでした。

 

お金はもちろんですが、それ以上に得るものがあったのが大きいです。
家庭教師はその子の人生を左右するような責任ある仕事だと思います。

 

登録型の家庭教師はやめた方がいいです

 

勧められて家庭教師をやったのですが、
私の場合、わずか3ヶ月で辞めてしまいました。

 

自分の都合の良い日に仕事ができる、時間が短い、時給が高いといった
メリットがあるのですが、それを感じられるのは、
各家庭との直接契約の場合だけだと思います。

 

登録型派遣の場合、デメリットの方が大きいように感じるのです。
毎回、報告書を本部に送りますが、これがけっこう面倒。

 

教材も指定のものしか使えず、生徒の進度に合わせて進めることができません。
別の教材を使うと、報告書と整合が取れなくなりますし、給料も没収されます。

 

本部が開催する説明会は全く役に立たず、本部の事務担当者はいい加減で、
「電話する」と言っておきながら来ないことがたびたびでした。
本部の上から目線も気になることの一つです。

 

ですから、家庭教師をやるなら個別に契約するのが一番。
仕事自体はやりがいのあるものだと思いますから・・・。