塾講師 家庭教師 バイト 体験談

塾講師・家庭教師のバイト体験談|教えた生徒はテストが7点から70点に大化け

高校2年の時、母の知り合いの中学生の家庭教師をやった。
その子の苦手科目と私の得意科目が数学だったことから、数学を引き受けた。

 

初めてその子に会った時に見せられたテストは、なんと7点。
その子は分数の乗除ができず、「算数」から教えなければならなかった。

 

しかしながら、その子のやる気がものすごく大きく、
参考書を一月に一冊のペースで消火していくと、
成績はぐんぐん伸びていった。

 

自分がしたことと言えば、
その子の勉強の合間の息抜きに、遊び相手をしたぐらいだ。

 

最終的にその子は毎回のテストで70点前後を取れるようになり、
親御さんから涙を流しながら感謝された。

 

本人の努力が実った形だったので、
申し訳ない気持ちでいっぱいになったのを覚えている。
6年経った今も感謝されると、かえって恐縮する。

 

分数のできない中学生に衝撃を受けました

 

◇仕事のスタイルと給与
週3回で2万円程度(3人の生徒に週一回ずつで教えていました)。
時給は1600円です。

 

◇家庭教師を始めたきっかけ
大学の友達が家庭教師の仕事をしており、興味があったので、
その友人に頼んで、事務所(家庭教師派遣会社)を紹介してもらいました。

 

◇びっくりしたこと
中学生にも関わらず、
分数の計算ができない子がいることに衝撃を受けました。

 

分数は確か小学校3年生ぐらいで習うはずなので、
そういった子はそれ以降、ずっと算数が嫌いなのかと、かわいそうに思いました。

 

◇家庭教師のメリット
飲食店などのバイトより時給が高いのが最大の魅力です。

 

◇家庭教師のデメリット
事務所が提供する問題集を使うのが基本なのですが、
分数ができない子の場合など、それら問題集が合わない子がいます。
そういった子を教える時は、かなり苦労しました。

 

私の場合、学校の宿題を掘り下げるなどして、なんとか指導していました。

 

◇家庭教師を目指す人へのアドバイス
子供に加え、親御さんとも良好な関係を築く必要があります。
コミュニケーション能力が必要と言えましょう。
それができないと他の家庭教師に変えられてしまうからです。