塾講師 家庭教師 バイト 体験談

塾講師・家庭教師のバイト体験談|親類の子の勉強を見るのも一長一短

◇仕事のスタイルと給与
週2回の仕事で、月に1万円弱でした。
やっていたのは半年ほどです。

 

受験時期の前には、土日もバイトするなど頻度を上げましたが、
今となっては割に合わないバイトだと思っています。

 

◇家庭教師を始めたきっかけ
親類の子供が、希望の高校への進学に赤信号が灯りはじめているにもかかわらず、
塾に行きたがらない、ということで親類に泣きつかれ、やむなく引き受けました。

 

◇びっくりしたこと
最初の頃は「見てくれるだけで助かる」と親類は言っていたのですが、
受験が近づくと親類からのプレッシャーがどんどん強くなっていきました。
その時になって初めて、家庭教師の大変さを肌で感じました。

 

◇家庭教師のメリット
相手が親類ということで、私の事情を分かってくれたのが助かりました。
急用などにも理解を示してくれ、また親類の無理な要求を止めてくれる人が
周りにいたのも安心材料でした。

 

◇家庭教師のデメリット
親類ということで気軽に引き受けた家庭教師のバイトでしたが、
途中から、「受験に失敗したら大変だな」という思いが募りました。
合格してくれて本当に良かったです。

 

◇家庭教師を目指す人へのアドバイス
勉強ができるようになるかどうかは本人の努力が一番大きいのですが、
受験が近づくとそれを忘れてしまう親もいるように思いました。
その点は注意した方がいいですね。

 

家庭教師派遣会社の取り分が多過ぎる!

 

◇仕事のスタイルと給与
週2回で月に2万円。

 

◇家庭教師を始めたきっかけ
子供好きだったこと、
それに大学の授業に影響のない程度の時間・頻度でできるバイトだったから。

 

◇びっくりしたこと
思っていた以上に自分の受験勉強が役立った。
小学生は教え方が重要であり、一方高校生は知識の豊富さが求められる、と知った。

 

◇家庭教師のメリット
姉が既にバイトしている派遣会社に登録。
知っている人がいるのは安心につながります。
その結果か、登録してすぐに仕事が入りました。

 

◇家庭教師のデメリット
登録会社の取り分が多いことに驚きました。
教えている家庭との直接交渉がオススメです。

 

◇家庭教師を目指す人へのアドバイス
受験経験や受験勉強の仕方を多く知っていると、教える時に役立ちます。